恋愛って苦しいだけなの?理由や脱出方法を知って楽しもう!

重子
恋愛なんて・・・苦しいだけ!!

恋愛をしたことがある人なら、一度は感じてしまうこの感情。

本来、恋愛って楽しいものなはずなのに、この様に感じてしまうのはなぜなんでしょう??

私も長年、ず〜っと思っていました。

・片想いだから?→いや、両想いになっても苦しいぞ
・好きすぎるから?→いや、そもそも好きだから恋愛なのだし
・自信がないから?→きっと、自信があっても変わらないのでは…

なんて、色々考えてはみるものの、悶々しちゃいますよね。

 

でも、最近気付いたんです・・・。

結局「恋愛=苦しいもの」にしてしまっているのは、他でもない自分自身だった!!!と。

どういうこと??と思われるかもですが、苦しいと思ったのも、楽しいと思ったのも決めたのは全部「自分」ということなんですよね。

つまりは、起こっていることに対して感情を決めているのは「自分自身」ということです。

じゃあ、なぜ「恋愛=苦しいもの」という様に感情を決めてしまうんでしょうか?

この記事では、恋愛が苦しく感じてしまう理由や、そこからの脱却方法を考えてみたいと思います!!

 

Sponsored Link

 

「恋愛=苦しい」と思ってしまう理由は?

最初は好きな人ができた!!ということでルンルンになるし、目が合うだけ・会えるだけ・話ができるだけ、すごく小さなことでも嬉しくなってしまうものですよね。

それが、なぜ恋愛が進むにつれて苦しくなっていくのか?

理由として考えられるものを挙げてみました。

理由1:嫉妬する

大好きな人が他の異性と仲良さそうに話している!!!

それだけで心は乱れてしまいますよね。

嫉妬とは=自分自身が愛する人が、別の人に心を寄せることを怖れ、その人をねたみ憎む感情である

引用元:Wikipedia

つまりは、自分の大好きな人が他の人に取られてしまうかも知れない!という恐怖心からくるものなので、それは苦しくなりますよね。

なぜ嫉妬してしまうのか?というと、やっぱりそれだけ相手に対する感情が強いからですし、独占欲の様なものが働くので当たり前といえば当たり前な気もします。

特に、相手に対する好きの感情が強ければ強いほど、嫉妬心も生まれやすいですよね。

また、自分と誰かを比べてしまうと「私よりもあの子の方がいいのかも」と、嫉妬からマイナス心が働いてしまい、ますます苦しくなったりもします。

言い換えてみると、それだけ相手に関心が強いということの現れともいえますよね。

 

理由2:思い通りにならない

人はなぜか、関係が近くなればなるほど相手を自分の思い通りにしたい、という欲が働きませんか?

家族は特に、ですが恋人同士でもこの感情は生まれやすい気がします。

最初は全くの他人なのに、恋人同士になった途端どこかで「自分のもの」という感覚が生まれがち。

となると、相手を自分の思う様にコントロールしたい欲が働いてしまいます。

「こんなにやったんだから、返ってくるでしょ?」という気持ちが無意識に働いて、自分の中で相手の反応を決めていてその通りにならないと「なんで??」という気持ちを抱いてしまったり。

結果、悶々としてしまいます。

また、恋愛は決して1人でできるものではないので、そういった意味でも全て自分の思う様にするというのは不可能ですよね。

相手にも同じ様に感情があって、生活スタイルがあって、考えがあって・・・。

違う人間同士だからこそ、惹かれ合うということもあるのですが、時間と関係性が深くなるにつれて「自分の思い」とは違う部分にモヤモヤして苦しくなってきてしまいます。

 

理由3:先が見えない

 

人は「未来がわからない」「先が見えない」状態というのは不安になりますよね。

恋愛においても、ずっと片想いをしているけどこの先一体いつまでこの気持ちを抱えて悶々すればいいんだろう?と打ち明けられない状態が続くと苦しいですよね。

また、仲が良い友達関係・同じ職場などで顔を合わす機会が多い、などとなると変に関係性を崩したくなくて打ち明けれないままになってしまうこともあります。

想いをきちんと伝えれない状態だと、その間に他の人と仲良くなったら…なんていう思いも混じって余計に苦しくなりますよね。

恋人同士だとしても、お互いの結婚観にズレがあると「このまま付き合っていっても将来が見えない」ということになると辛いものです。

本来は先が全てわかっている状態は、結末がわかりきっているドラマや映画を見るみたいに面白くないはずなんですが、あまりにも想像ができない状態というのは不安になってしまいますよね。

 

理由4:気持ちに差を感じる

 

なんだか・・・私だけ好きな気がする。

なんて自分の気持ちが大きくなりすぎていて、相手の気持ちとの差を感じてしまうと苦しく感じますよね。

最初は相手からのアプローチで始まったのに、気付いたら自分の方が好きな気がして連絡の頻度も違うなあ、なんてことは良くありますよね。

男性は特に、自分の手に入れるまではめちゃめちゃ頑張る人が多いですが、手に入った途端強気なパターンも多い気がします(笑)

それ故、ますます「私だけが気持ちが大きいんじゃないのかな」なんて思ってしまって、どんどんマイナス思考になっていくことも。

 

恋愛は苦しい…を脱却する方法は?

重子
せっかくの恋愛を楽しいものにしたい!!!

恋愛が苦しい、という形になっちゃうと辛いですよね。

せっかく好きな人ができて、本来ならドキドキしたり、ワクワクしたりというのが恋愛の良さでもあるのだから、本来の形で恋愛を楽しめたらいいのに。

これまでに挙げた、恋愛が苦しいと思っちゃう理由として

・嫉妬する
・思い通りにならない
・先が見えない
・気持ちに差を感じる

ということですが、どれも確かに「苦しいなあ」と感じてしまうし、恋愛あるあるな気もします。

 

ただ、ちょっとここで見方を変えてみると・・・

・嫉妬する→彼が他の子と仲良くすることでどうにかなると「思っている」
・思い通りにならない→「こうなるだろうと思っていた」のに違う反応・態度
・先が見えない→言えない、見えない、と「思っている」言ったらこうなると「思っている」
・気持ちに差を感じる→自分ばかりが好きだと「思っている

 

そうなんですよね・・・全部、自分が頭の中で「思っている」こと。

けど、それって「本当に?」なんです。

何が言いたいかというと、全部「自分の想像・妄想」ということ。

 

これは、私が脳科学のセミナーを受けた時に教えていただいたことなんですが、人の脳って「自分が決めたこと」の証拠を探す様にできているそうです。

つまりは、あなたが「こうだろう」と思った(=決めた)ら、そうである証拠を探しにいくから、それを真実に感じる様なことばかりに目がいっちゃうんですよね。

 

「彼はあの子と仲がいいから、もしかしたら気があるのかもしれない」(と思う)

→彼とAさんの一緒にいる時をよく見かける様になる
→誰かから2人の話を聞く
→SNSなどで一緒に写ってる(大勢でも)写真見つける

などなど。

脳は優秀なので、どうにかして証拠を探してくれます。

で、その結果どうなるかというと・・・あなたはこうやって思うはずです。

『ほら、やっぱりね!!』

 

ほら、やっぱりね。って思う時点で、あなたは「それが真実だ」と決めてる(=願ってる)ということがわかりますよね。

だからそれを真実として叶えるために、ちゃんと自分の脳は動いてくれるのですね〜。優秀・・・。

 

なんと、ずっと嫌だと思う事実を作っていたのは自分だったのかもしれない。

そう思ったら「いやー!!!」てなりますよね。

 

なので、『勝手な妄想(想像)を真実にしない』ということ。

 

仏陀(ブッダ)の教えにも

不安は「アタマの中の想像事」で、これらの想像事は「すべて妄想である」あります。

「不安」は「未来への漠然とした感情」=妄想

そう、ただの妄想・・・。

事実でも何でもなくて、あなたが勝手に考えている「妄想」にしかすぎないんですよね。

 

不安が浮かんだら「また妄想してるな」と気付いてあげて、「これは事実でもなんでもなく、妄想だな」とそこでストップしてみましょう!

(で、できたら「じゃあ私はどうが良いのかな?」の方をみるのもおすすめです)

 

※恋愛で沼ってしまう人はこちらも参考にどうぞ
恋愛沼から抜け出す方法!「自分」の気持ちとしっかり向き合う

 

重子
重子流、気持ちが上がって流れが変わるとっておきの秘技を・・・

それは・・・

口角上げる

これ、地味ですけど、結構即効性のある行動です。

気付いたら口角上げる。

人って行動と感情って一致するので、口角上げてるとなんか不思議と前向きになったりします(笑)

そして自然と笑ってる感じになるので、良いことが起きたりするので不思議です。

 

あとは、今流行りの?マインドフルネスもおすすめです!

『今』に思考を集中する、って結構やっていないので意識的に『今』に意識を持ってくる練習をしてみるのも、変に妄想して不安にハマらなくなりますよ。

今回も重子の世界観へお付き合いいただき、ありがとうございました!!

Sponsored Link