海野 和男 - Unno Kazuo | 世界環境写真家協会(IEPA)

Topページ > 写真家紹介 > 海野 和男 - Unno Kazuo

写真家紹介

プロフィール

海野 和男 - Unno Kazuo

1947年、東京生まれ。東京農工大学卒業。昆虫を中心とする自然写真家。学生時代よりアジアやアメリカの熱帯雨林に通い写真を撮り続ける。1990年から長野県小諸市にアトリエを構え、じっくり腰を据えて身近な自然を記録している。ホームページ「小諸日記」は1999年2月よりデジタルカメラで毎日その日撮影の写真にコメントを付けて発表している。

写真集「昆虫の擬態」(平凡社)で1994年日本写真協会年度賞受賞。主な著書に「蝶の飛ぷ風景」Butterflies(平凡社)、「デジカメ自然観察のすすめ」(岩波ジュニア新書)、「昆虫の世界へようこそ」(ちくま新書)など。他に100冊以上の児童書がある。最新刊は「子供に教えたいムシの探し方・観察のし方」「デジタル一眼レフで撮る四季のネイチャーフォト」(サイエンス・アイ新書) 「すごい虫の見つけかた」草思社)

日本自然科学写真協会会長。ニッコールクラブ顧問、日本写真家協会、日本動物行動学会などの会員。

海野和男のデジタル昆虫記

フォトライブラリー


タイトル:路上で吸水するアカエリトリバネアゲハ

熱帯雨林の未舗装の道で出会ったアカエリトリバネアゲハ。現地では珍しいものではないが、周辺の熱帯雨林がなくなれば生存ができない。また、道が舗装されれば、水を飲みに降りることができなくなってしまう。40年前から毎年通って撮り続けているチョウで、ぼくの最も好きなチョウだ。

一般社団法人 世界環境写真家協会

入会や活動内容に関するお問い合わせ

新潟県新潟市西蒲区漆山8554-1
E-MAIL:contact@IEPA.jp

活動理念・概要 / 会員制度について

IEPAの活動理念・概要や主な活動内容については以下をご覧下さい。