IEPA(世界環境写真家協会)は環境に関する写真展の開催等を通じて、地球規模でおこっている環境破壊の現状と自然環境の重要性を広く世界に訴えかけます

IEPA 世界環境写真家協会とは

美しい自然環境と人の精神的豊かさは深く結びついているという理念のもと、環境に関する写真展の開催等を通じて、地球規模でおこっている環境破壊の現状と自然環境の重要性を広く世界に訴えかける。

世界環境写真家協会 解散のご報告

2017年12月15日

一般社団法人 世界環境写真家協会(IEPA)は、平成29年9月30日をもって解散し、同年12月末をもってすべての活動を終了いたします。

「世界環境写真展〜地球を愛する写真家たち。〜」開催中

2017年7月1日

「世界環境写真展」を新潟県民会館 3F ギャラリーAにて2017年7月1日より17日の会期まで開催中です。

世界環境写真家協会会長・天野尚 死去のお知らせ

2015年8月8日

界環境写真家協会会長・天野尚は、去る8月4日に死去(61歳)いたしました。

世界環境写真展・東京都 北青山にて開催のお知らせ

世界環境写真展を東京都港区北青山の伊藤忠青山アートスクエアにて2014年8月6日(水)-8月26日(火)の会期にて開催いたします。

世界環境写真展・金沢市 開催レポート

「世界環境写真展」が石川県文教会館1Fホールにて2013年10月2日から8日の会期で開催しています。

世界環境写真展・金沢市にて開催のお知らせ

世界環境写真展を金沢市文化ホールにて2013年10月2日(水)-10月8日(火)の会期にて開催いたします。

世界環境写真家協会 賛助金のお願い

2009年7月29日

世界環境写真家協会は、「美しい自然環境と人の精神的豊かさは深く結びついているという理念のもと、環境に関する写真展の開催等を通じて、地球規模で起こっている環境破壊の現状と自然環境の重要性を広く世界に訴えかける。」という趣旨を掲げ、生態・環境写真を通して地球上の自然環境の素晴らしさ、そこに棲む生物の尊さ、その自然が失われつつある現状を広く世界に訴えかけていくことを活動方針として設立されました。

写真家ピックアップ

Jim Stimson
Jim Stimson

4×5インチの大判カメラを使い風景写真を撮影。写真は多岐にわたる書籍、雑誌、カレンダーで発行されている。’98年にアンセル・アダムス賞を受賞するなど受賞も多数。...

天野 尚
天野 尚

1954年新潟県生まれ。手つかずの自然をテーマに、世界三大熱帯雨林や日本各地の自然環境を、最大8×20インチの超大判カメラを駆使して克明に記録し続けている。2008年G8北海道洞爺湖サミットではその風景写真が特大パネルで展示された...

Robert Blakers
Robert Blakers

1957年オーストラリア生まれ。大学生の頃訪れたタスマニアでフランクリン川の汚染防止の取り組みに参加したことをきっかけに野生保護に関心を持つ。現在は環境写真を専門にしており、...

Adam Gibbs
Adam Gibbs

1992年よりプロの写真家として活動。BBCの年間野生生物写真家部門で奨励賞を受賞するなど受賞多数。また、アメリカやカナダにおいて写真に関するセミナーも熱心に行っている。...

Morgan E. Heim
Morgan E. Heim

科学的な写真とジャーナリズムを融合し、自然界におこっていることを人々に伝えたいと願い、環境問題が我々の生活とつながり、自然保護に参加をうながしたいと願っている。...

Jerry D. Greer
Jerry D. Greer

テネシー州を拠点に自然写真を撮影。特に、アパラチア山脈の南部にある原山脈の撮影に力を注ぐ。数多くの雑誌や環境保護キャンペーン広告にその写真が使われる。クライアントにザ コンサベーションファンドや...